住宅ローン

条件は???

住宅ローンを使うことができる人の条件は、
年収が200万円以上、前年にあることと、3年以上勤めている職場であることと、
2つがありました。

 

これだけでなく、他には年齢制限もあります。
ローンを借り入れる時の年齢が、20歳以上であることです。
やっぱり未成年では貸してはくれません。

 

また、20歳以上ならいいわけではなく、65歳以下でなくてはいけません。
また、寿命や、働くことのできる状態を含めて、返済できる時は、
80歳以下でないといけません。

 

そうなると、幅広いようですが、誰でもいつどうなるか分からないので、
ローンがあまり長いと辛いかもしれません。

 

サラリーマンの方などは、住宅ローンを組んでも、
定年や、それ以降の再就職などを考えると、難しくなりますね。

 

住宅を購入するにも、大変なものです。

金融機関によっては・・・

住宅ローンを利用できる人は、年収が200万円以上と考えられています。
しかし、金融機関によっては、それほど厳密に決まっていないところもあります。

 

200万円などの下限を定めていない場合はあっても、
安定した収入がないと難しいですね。

 

収入がない場合や、定職がない場合などは利用できません。

 

あるいは、3年以上は同じ職場に勤めているという条件も、
しっかりと条件に出していない場合もあるようです。

 

金融機関によって異なるようで、転職も当然に起こっている現在では、
勤続年数に関係なく、利用できることもありません。

 

しかし、基本的に数年は働いている方が、利用できる金融機関が増えて、
ローンの種類を見て、より選択肢が広がります。

 

そのため、安定した職業や安定した収入のある仕事がないと難しいです。
派遣や契約社員などの雇用状態では利用できないようです。

団体信用生命保険とは???

安定した収入や、職業があっても、それだけがローンを利用できる要件ではありません。
もう1つの条件として、団体信用生命保険に入れるかどうかです。

 

生命保険に加入するには、健康状態が含まれています。
長い間ローンを支払っていくわけなので、それなりに健康状態が保てるようなものでないと、
いけません。

 

健康が悪いと、生命保険には加入できません。
働いていても、生命保険の条件に当てはまらないといけないからです。

 

生命保険に加入できる状態なら、健康に問題はないですね。
このような生命保険の加入を必須条件にしている金融機関ばかりでなく、
これは、加入しなくてもいい場合もあります。

 

また、必須条件でなく、任意にしているところもあるようです。
しかし、健康ならば、選択肢は増えるようです。

 

できれば、多くの選択肢の中で、利用できるといいですね。
ある程度なら、金融機関もいろいろ考えて、総合的に判断してくれるようです。