住宅ローンの変動金利型

住宅ローンの金利には、固定の物と変動のものがあります。

変動金利型というもので、変動型は、住宅ローンの金利が変わってきます。

 

金利は、6ヵ月ごとに改定されていきます。
そして、5年間は、元金と利息の割合を変更していくことで、
ローンの返済額が変わらないようにしています。

 

住宅ローンの返済額を変えないようにするために、
特約が付いているようです。

 

それは、たとえ、金利が上がってしまっても、返済の金額が、1.25倍までに
なるように、なっているようです。

 

これが、ほとんどの場合に適応されているようです。
そのため、大きく返済額が変わるということがないように思います。

 

しかし、いろいろと見てみると、借り入れる時に固定型とは違って、
見通しが立てられにくく、難しさがあるようです。

 

そのため、安定して変わりなく支払いたい人には向いていないのかもしれません。

変動型の金利にすると、いろいろな面があるようです。

返済額が増えすぎないようにする特約がある一方で、
将来的な見通しを立てづらいものもあります。

 

また、社会経済が今後どうなるかは誰も分かりません。
そのため、経済の状態によっては、金利の変動によって、
何らかの形で厳しくなるかもしれないのです。

 

経済が悪化すると、金利が上がることもありますし、
緩やかではなく急激に上がることもあります。

 

そう行った時に、返済額で、利息を払いきれないこともあり、
未払いが発生してしまいます。

 

困ってしまいますね。
そうなると、変動金利型は、リスクが多く、
将来が不安になります。

変動金利はどのように金利が変わっていくのでしょうか。

それは、基本的には半年に1度金利が変わっていくようです。
時期としては、6月ではなく、4月1日と10月1日に変わるようです。

 

この時期に金利の見直しが行われて、返済額も変わっていくようですが、
実際は、支払う側が大変なので、返済額が変わるのは、一般的には、
5年ごとに変更されます。

 

そうなると、安心ですね。
半年ごとに金利が変わっていたら、その都度返済額が変わり、
いろいろとリスクがもっと増えます。

 

半年ごとに金利を見直しつつ、6年目からローンの返済へ
対応していくというシステムです。

 

いきなり変わるというのではなく、じっくりと変わっていくというものです。

 

これだけでなく、すぐに金利を見直して、返済に反映させる方法もあるようですが、
金利の変動状態をしっかりと分からないと難しいシステムです。